熊本地震からちょうど一年

木村のあられ通販、山口です。

 

熊本地震から今日でちょうど一年です。その時のことは今でも忘れることは出来ません。

 

去年の4月14日は木曜日だったと思います。風呂上りに奥さんと居間でテレビを見ていたところ、

ゴゴゴゴゴ、と地鳴りがしたなと思った瞬間、それまで体験したことが無いような長い時間の揺れを

感じました。揺れが一度収まると同時に、全ての電気が消え、パジャマのまま車に乗り込み、

家近くの役場の駐車場に行った事を憶えています。その日は強い揺れの余震が続き、朝まで寝ることが

出来ませんでした。

 

二日後の本震の日は、土曜日でこの日は布団に入ってテレビを見ながら丁度寝ようとしていた時でしたが

再度大きな揺れを感じました。明けた次の日の日曜日、道も地盤沈下や液状化で通行が困難になっていま

した。

電気も止まっていた為、役場で無料の携帯電話充電器を借りたのですが、たくさんの方が並んでいたので

充電するのに3時間掛かった事を憶えています。

 

一番大変だったことはやはり電気と水道が止まったことです。自由にトイレを使用することが出来ない、

お風呂に入れない、調理できない事は本当に辛いことでした。普通に生活できることのありがたみ、

暖かい料理を食べることのありがたみ等今まで体験したことの無い感情があふれていました。

また、震災後、友人、知人、親、親戚、お取引先、お客様などとの繋がりを改めて感じる事が出来まし

た。日頃はその存在意義も深く考えたことはありませんでしたが、この震災を通して、人間の心や、

人との絆などを深く感じました。

 

地震を通して多くの方が犠牲となり、一年経ちますがその影響は続いています。

今日は県庁でも追悼式が行なわれており、犠牲者の方々へ祈りが捧げられています。

私も被害にあった一番の友達に今日、電話したいと思います。

 地震直後の工場前室