当たり前は有り難い

今日で6月。今から梅雨、夏と嫌な季節が続きます、今年の夏は たいぎゃな暑かごた。

木村のあられ通販、山口です。

 

 

今日のお昼に撮りました。田舎の田植え前には良く見る風景です。田んぼに水を入れ、耕運機で耕す。

良く見る風景ですが、やっと見れた風景でもあります。

 

表題にもありますが、この画像は工場裏の田んぼの画像です。お昼前に、きむらのあられファームの方が

耕運機で田んぼを耕していました。この風景は2年ぶりの風景です。

過去に何度も書きましたが、工場のある甲佐町は熊本地震で甚大な被害を受けました。

工場裏の田んぼも地盤沈下や地割れなどにより、去年は田植えをすることが出来ませんでした。

大量に足りなくなった土を田んぼに入れて、何度も耕してやっと今年の田植えに間に合いました。

私達もそうですが、廻りの農家の方々も大変だったと思います。

 

当たり前に田んぼが使えて、当たり前に田植えが出来る、当たり前だけど有り難い事なんですね。

特に今年の工場裏のもち米の成長はしっかり観察していきたいと思います。