お寿司を食べて感じたこと

回転寿司のサイドメニューはついつい頼みがちです、木村のあられ通販、山口です。

 

 先週末、友達に誘われ回らないお寿司屋さんへ、何でもお得なランチがあるとかで行って来ました。

メニューには、通常価格2,200円のところ1,200円と書いてあり、皆同じランチを注文しました。料理が来てびっくり、

茶碗蒸しに味噌汁、本格握りが12貫付いてかなりのボリュームでした。

 みんな美味しい美味しいと食べていたので私も食べました。確かに魚も新鮮そうだし、ねたも大きく、美味しかったのですが、

私の中では「なんだかなあ」と言う気持ちが少しありました。小さい時から刺身が好きで、良く食べて

いたのですが、我が家自体が刺身を薄く切る傾向にあるので、このお店の出し惜しみ無いねたの厚さが

逆に違和感を覚え、「なんだかなあ」と言う気持ちでした。みんなが美味しい美味しいと言っていたので

その場では私も「満足っ!」と答えていました。

 帰りの車の中で食べ物って改めて難しいなと思いました。今日食べたお寿司ランチは味も良いし、コストパフォーマンスも最高で、

人にもお勧めできるランチだと思いますが、私自身では行かなくて良いかなと言う感じでした。

 その事を考えたときに、おかき・あられでも一緒ではないかと思いました。固い食感が良いと言う方も

いらっしゃれば、ソフトな食感を好む方もいらっしゃいます。大判のおかきをバリバリ食べるのが好きと

いう方もいらっしゃれば、小粒のあられを好む方もいらっしゃいます。そう考えると、万人受けするあられ

を作るということはかなり難しい事なんだなと思いました。

 

 弊社にもお客様からのお声をたくさん頂きます。一つ一つのお声を大事に受け止め、いつの日か万人受け

するようなおかきが作れればと思っています。