久留米荘 津福店

昨日は寒くて靴下を履いて寝ました、木村のあられ通販、山口です。

 

10日の日曜日は朝から福岡の八女郡広川へ、用事を済ませると11時頃だったので、折角ならと久留米の

ソウルフードを食べに行きました。

 

広川から少し北に上って津福へ。今日のお昼は『久留米荘 津福店』にしました。

久留米荘は久留米の人なら誰もが一度は食べたことがあるといっても過言ではない、久留米のソウルフード

と呼ばれるうどん屋さんです。私も久留米岩田屋新館店でだいぶ前に食べて以来久しぶりです。

 

久留米荘のうどんの特徴と言えばやっぱり煮込みうどんです。全てのうどんを調理場の鉄鍋のような物で

煮込んでいます。それゆえ、麺のコシは0。香川の人が食べたら衝撃を受ける麺だと思います。

そのコシが全くない麺と抜群の相性のスープ。かつおと昆布をこれでもかと使っていると思います、

食べているとかつおの香りと昆布の旨みが今まで食べたことないぐらいの勢いで感じられます。

 

例えるなら京都の上品な澄んだスープのおうどんに対し、久留米荘のうどんは野武士的な感覚を受けます。

しかしその味が60年以上、久留米市民の胃袋を掴んで離さない味なのです。一番人気の肉ゴボウトッピングのうどんと

コチラも名物の味の染みた破れいなりを一皿、ぺろりと完食。食べている間もひっきりなしに人が押し寄せていました。

 

他に流されることなく、自分の味を貫いてたくさんの方が美味しいと感じる久留米荘のうどんに圧巻、

木村のあられも独自の製法にこだわり、信念を貫きながらたくさんの方に美味しいといって頂けるおかき、

あられをこれからも目指し続けます!!

 

 

※おなかすいてたので画像を撮るの忘れてました、気付いた頃には食べかけのうどんだったので・・・、スイマセン。