素焼き玉あられの活用法

寒いこの時期、名古屋の『赤から鍋』最高ですね、木村のあられ通販、山口です。

 

先日、木村のあられ通販のページに、こんなお問合せが来ていました。

『素焼き玉あられ一つは何gですか?』

えっ?と思いましたが、そのメールを読んでいくと、おぜんざいのふるまいでトッピングとして使う

予定で、人数に対してどの位 玉あられを準備すればよいかの目安がわかれば と思いお問合せを

されたようです。玉あられであれば餅や白玉と違い喉に詰まる心配が少ないため、幅広い年齢層に

安心して振舞うことが出来ると書いてありました。(ありがたいです(涙))

私はこれを読んだ時になるほどな~と思いました。

 

素焼き玉あられはそのまま食べても もち米の風味が強く、美味しく食べられるのですが、もち米を

そのまま焼いただけで味付けをしていない為、お客様によって色んな食べ方をしてもらっています。

 

良く聞くのは宮崎地区で、お茶に玉あられを入れてふやかして食べたり、お茶付けあられと言って

お茶碗に玉あられをいっぱい入れて、ヒタヒタになるまでお湯を入れて、お皿で蓋をし、ふやかして

食べたり、割ってからサラダと一緒にドレッシングであえて食べたりといろんな食べ方があります。

 

ぜんざいに素焼き玉あられをトッピングで入れる、何となく食べる前から美味しいのが分かります。

 

昨日、我慢できずに真似して食べてみました、出来上がったぜんざいに素焼き玉あられを3粒投入、

食べてナルホド、甘いぜんざいの中にもち米の風味が一気に広がりますね。特に弊社の素焼き玉あられは、

熊本県産もち米だけを使用しているため、食べたときのもち米の風味が強い為、存在感があります。

カリカリのままでも美味しかったのですが、次の3粒は少し時間を置いてふやかしてから食べました。

ふやかしてもこれはこれで美味しいですね、ふやけた部分はもっちりとして、少しまだ固い部分もあって最高です。

昨日は寒かったため、久しぶりに食べたぜんざいは素焼き玉あられが入っていることもあって本当に

美味しかったです。皆さんも是非、お試しください。

 

あなたなりの素焼き玉あられのアレンジ方を見つけてみては如何ですか?

素焼き玉あられ