白旗小のみんなと農業体験(田植え編)

30数年ぶりの素足での泥の感覚は新鮮でした、木村のあられ通販、山口です。

 

6月30日(土)は、きむらのあられファームと地元白旗小学校の生徒の皆様と、工場裏の田んぼで農業体験、

【田植え】を行いました!今年初めての取り組みでしたが、何とか開催することが出来ました。

 

当日は大雨も予想されていましたが、曇り空で、絶好の田植え日和となりました。

まずはこの会を通して生徒の皆様に何か感じて頂けたらと開催の言葉や、生徒様を預かるわけですから

事故の無いようにとしっかり説明

20名弱の生徒様やその御兄弟、保護者の方など予想以上に参加頂きました!ありがとうございました!

準備したスリッパに履き替えて工場裏の田んぼに向けていよいよ出発です!!

もち米の田植えは、うるち米の田植え時期より少し遅いですが、今回は丁度よい時期の田植えとなりました。

不安定な田んぼの畔をゆっくりゆっくり歩いて到着、いよいよ田んぼの中に入ります!

田んぼに入った瞬間から生徒さん達のキャーキャー言う声が田んぼ中に広がります。

素足での田んぼはヌルヌルで気持ちよくて、気持ち悪くて・・・・。

 

いよいよ田植えが始まります!!まずは社員が先に入って15cmほどに成長した苗を渡します。

苗を少しちぎって田んぼに引いた目印に(画像には移っていませんが)差し込んでいきます。

子供達はバランスを崩してキャッキャ、キャッキャ、保護者の皆さん、ムービーチャンスですよ!!

みんな上手に植えることが出来ました!!

二列目、三列目に入ると生徒さんも慣れて来たのか、植えるスピードが速くなってきました。

途中から、強い日差しが照り始めて暑くなってきた為、五列程度で作業は終了。

終わった後に生徒さんが『もうちょっと田植えしたかったなー』と言う言葉が非常に嬉しく、

初めてで不手際も合ったかもしれませんが、心の底からやってよかったなと思いました。

 

田植えを終え、みんな笑顔で泥を落として・・・

ジュースとお菓子を渡して、怪我も無く無事終了しました!

田植えで終わりではなく、途中観察、稲刈りの収穫までみんなでやり遂げたいと思いました。

終わった後、従業員にも爽やかな達成感が・・・

 

生徒さんが田んぼを気にして見に来たら楽しくなるように、あの看板の着色を終わらせて、

台風が落ち着いたら設置したいと思います!! みんな待っててね!

  ←あの看板

 

※お子様の画像は全ての保護者様の了解を得て撮影しております。