4年越しの激甘(2週間前の話)

更新しなさ過ぎて2週間も前の話になります、スイマセン(涙)、木村のあられ通販、山口です。

 

それは4年前の8月・・・、某人気番組『鉄○DASH』を見ていると、熊本県のお隣、大分県竹田市

菅生地区のとうもろこしが紹介されていました。朝5時から収穫し、収穫した とうもろこしの汁を

糖度計で測ってみると【17.7度】。平均でも15度以上で、マンゴーやメロンよりも甘い数値を示していました。

とうもろこしの名前は菅生地区(すごうちく)の名前と掛けて【すごあまコーン】

『すっげー食べてみたい・・・』、そう思いネット通販を検索したところ、放送後、大人気の上、出荷の時期が

決まっている為、もうその年のとうもろこしは無いとのことでした。

 

あれから4年、スーパーで、ふと とうもろこしを見た時に すごあまコーンの事を思い出しました。

ケータイでチェックすると・・・『7月15日(日)すごあまコーン収穫祭』の情報が!!

ケータイでチェックした日は13日(金)の夜でした、神様アリガトー(奇跡)、収穫祭行き決定です。

 

15日(日)は朝早めに出発。昔ドライブイン竹田と呼ばれていた現在の『道の駅 すごう』で収穫祭は行なわれるようです。

車で約2時間弱のところですが、ついてみると、1Km程前から渋滞。あの道で渋滞したのは初めてのことでした。

そしてやっと10時半頃到着!!

激晴れの中、車は当然満車。即売所にすぐ向かいました。

人が多すぎて店内ではなく、外での販売。列が全然動きません。『まさか・・・』

机の上に『入荷待ち』の文字が。みんな暑い中じっと待っています。程なくすると農場から収穫してきた

ばかりであろうとうもろこしが軽トラに山積にされていました。

「5本が750円、10本が1,500円です。」 『ブランドコーンなのに比較的安い!さすが地元!』と思いながら

その順番が少しづつ近づいてきました。『お土産まで入れて3家族分で15本かな』と考えていると、

前に並んでいる人が「30本ください」、「50本ください」、「私が30本で、娘が20本」・・・・えっ?

そんなに買うの?そうしている間に自分の注文の順番が・・・、『あっ、30本ください』・・・。

つい流れで買ってしまいました。一回の買い物でとうもろこしを30本も買ったのは初めての経験でした。

 

ネットで調べたところ、「とうろもこしは収穫当日に茹でた方が一番美味しい状態を保つことができる」

と書いてあったので、大分名物とり天の名店『丸福』でとり天を食した後(お腹が減って急いで食べた

ので画像なし、スイマセン)、急いで家に帰り、暑い中、とうもろこしを次々に茹で上げました(嫁が)。

茹でたて最初の1本を嫁と食べてみると・・・

『ナニコレ、イママデタベタトウモロコシノナカデイチバンアマクテオイシイワー、シアワセ・・・』

即売所で前に並んでいた人たちが数多く買っていたわけが良く分かりました。その日だけで一人で

2本分のとうもろこしを食べてしまいました(結構ペロリ)

 

採れたてのとうもろこしを実家と嫁の実家にも10本づつ分けましたが、後日、今までにないくらい美味しかったと

非常に喜んでいました。

残ったとうもろこしは茹でた後ラップに包んで冷凍していましたが、先日冷凍していた

とうもろこしを素揚げして塩を掛けて食べたところ、非常に甘く、ビールのおつまみにも最高でしたョ。

画像を撮ることも忘れるぐらい桁違いの美味しさの「すごあまこーん」でした。

皆さんも機会があれば是非一度、食べてみて下さい!!