木村のもち米成長日記

工場裏の田んぼ 11月1日(水)稲刈り編

2017/11/3

木村のあられ通販、山口です。

 

本日は いよいよ稲刈りの日となりました。

黄色く色付いた田んぼの周りをグルグル回るように刈っていきます。

木村のあられファーム、Nさんがスイスイと刈っていきます。この広さの田んぼであれば、本来、

このコンバインでは小さいようで、2日に分けて刈っていくようです。

グルグルグルグル刈っていくと、コンバインの中が刈り入れたお米で一杯になります。

 

ジャーン!(効果音)初公開!?木村のあられトラック(タウンエース)です。

後ろのシルバーの大きな箱は・・・

穀物コンテナです。このコンテナに収穫したお米を入れていきます。

お米で一杯になったコンバインの位置を調整して・・・

ドバーっとコンテナに投入!!サラサラサラーっと気持ちよく入っていきます。

中が見たくて登ってみて見ました。

飛び込んだら気持ち良さそうなぐらい入っています。このコンテナごと籾殻を取る機械に装着できる

ようです。

触ってみました。サラサラして気持ちよいです。

木村のあられファームのDさんに聞いてみたところ、だいたい本来であれば

稲穂の先の枝数が13ぐらいあると良いらしいのですが、殆どが9~10ぐらいしかなく、実太りもあまり

良くは無いとの事。甲佐町周辺の農家さんに尋ねても うるち米も同じような状況らしく、地震の影響なのか、

天気の影響なのかは解らないとの事でした。自然を相手に育て上げるのは本当に難しいですね。

 

熊本地震で地割れが起き今年が初めての収穫でした。

どのぐらい収穫できたのか、味はどうなのか、今から楽しみです。

 

工場裏の田んぼ 10月24日(火)昼過ぎ

2017/10/24

木村のあられ通販、山口です。

 

仕事が一踏ん切りついたところで、気分転換も兼ねて工場裏の田んぼへ。

もう少しで稲刈りなのかなと思いつつ歩いていくと・・・

前回に比べるとだいぶ黄色く色付いていました。でもまだ稲刈りほどでもないのかな。

いつもの定点位置へ。この時間、この方向は逆光ですね、奥に真っ黒い工場が写っています。

田んぼの奥は結構綺麗に実っているのですが、工場側には気になるところが・・・

局部的に枯れてるんですよね、大丈夫でしょうか?木村のあられファームの方に

聞いてみないと。何箇所か枯れているところがあります、心配です。

基本的には綺麗に実っていると思います。後は稲穂の身太り次第でしょうか?

工場近辺では雨なども続いていた為、周辺の田んぼもまだ稲刈りは行なわれていないようでした。

 

工場裏の田んぼ  9月26日(火)夕方

2017/9/26

先日は京都の新米を頂きました、木村のあられ通販、山口です。

 

仕事の合間を見つけて、裏の田んぼへ。

前回1ヶ月前に観測したときは前面緑色でしたが、今回は緑色の稲もあれば、少し黄色く色付いた

稲もあり、上から見ても色は まばらな感じです。

一部枯れたように見えるところもあります、大丈夫でしょうか?

工場が見渡せるいつもの定点へ。やっぱり手前の方は緑色ですが奥はまばらに見えます。

 

右の写真、黄色いところは背が低く稲穂も小さめ、全体的に成長にズレがあるのでしょうか?

素人目線ですけど、今年が土を入れて一年目と言う事、いつもより多く雑草が生えたという事、成長にバラつきが出ている事、

ちょっと心配なので今度木村のあられファームの方に聞いて見ます。

また、近々報告しますね。

 

 

工場裏の田んぼ 8月22日(火)夕方

2017/8/22

お久しぶりの更新です、木村のあられ通販、山口です。

 

本日業務終了後、工場裏の田んぼに観察に行きました!

今年は雨が少ないせいか、土が変わってるせいか、稲と稲の間にたくさん雑草が生えていました。

木村のあられファームの方が毎日、毎日炎天下、雑草を刈って一日が終わる日々が何日か続いたようです。

見た感じ、殆ど雑草はなくなっていました。本当にお疲れ様です

高さ50cmぐらいにまで育っていました。

前回観察時が20cm程度でしたので40日間で約30cm程成長しています。

稲と稲の間隔が見えないくらいミッシリ育っています。

甲佐工場が見渡せる定点観測、工場上に掛かる雨雲と生ぬるい空気がいかにも夏の夕暮れって感じです。

田んぼ横ではアメンボがたくさんスーイスイと水面を泳いでいます(這っています?)

画面中央、分かりづらいですね・・・

有明海側に落ちる夕日、明日も快晴、熱中症指数も厳重警戒とのこと。

もう返ります。

 

 

 

工場裏の田んぼ 7月12日(水)

2017/7/12

昨晩は今年初めての冷やし中華でした、木村のあられ通販 山口です。

 

 

九州地区を襲った大雨、その後は快晴の暑すぎる日と、雨の蒸し暑い日が続く熊本ですが皆様いかがお過ごしでしょうか?

真夏日が連続で続くと熱中症の割合も高くなりますので皆様も体調管理には充分気をつけてくださいね。

 

さて、先ほど少し眠くなってきたので自社栽培米の成長が気になったので、工場裏に撮影に行きました。

今日は強い雨は降っていませんがどんより蒸し暑い曇り空です。

奥に見える緑ラインの建物が工場です

いやいや、6月23日(金)に田植えをした後、たまに見ていましたが想像以上に大きくなっていました。

水面から20cm程顔を出しています。先日の大雨にも暑さにも負けずがんばってるって感じです。

苗も青々していて素人目には順調に育っているように見えます。3週間ぐらいで10cm以上成長しているようです。

本当に今年、田植えが出来る状態になってよかったです。この後、田んぼに何か生き物でもいれば撮影しようと思い

田んぼを大分探しましたが、ジャンボタニシの卵以外発見できませんでした・・・・

 

これからも自社栽培米の成長を追っていきます!!!

 

 

工場裏の田んぼ、田植えが終わりました!

2017/6/23

木村のあられ通販、山口です。

 

私たちは、より良い原料を求める為、あられ・おかきの原料であるもち米を自社にて育てています。

昨年は地震の影響で地盤沈下や亀裂などが入り、田んぼとしての機能が無くなり、田植えを実現出来なかったのですが、

今年は土を入れては均し、田植えの季節ギリギリで、田植えをすることが出来ました!

 

予定では、19日(月)の実施予定でしたが、土がまだ固まっておらず、田植え機が沈むとのことで延期。

21日(水)、

梅雨の合間の晴れ間でいよいよ田植えが始まりました!

まだ、1ヶ月前までは種子だった苗も、

10㎝程に育っていました。この育苗箱で育った苗を

田植え機にセットし、田植えをしていきます。梅雨の時期の気候と土を掘り返す独特の香りが周囲に

漂っていました、幼少期を思い出すような、なぜか懐かしいような香りです。

途中、苗の補充に来たと思ったら、

何かをガサゴソ入れています。きむらのあられファームの方に聞いてみると『田植えをしながら、肥料も一緒に

蒔いているんだよ』との事。

確かに、田植えをしながら同時に肥料も蒔けるのですね、知りませんでした。(画像右側の白い物が肥料)

田植え中の画像をパシャリ、今年はどんなもち米になるんでしょうか?

無事、田植えが終わりました。今後田んぼや稲の成長を、皆様に定期的にお知らせ致します!

 

 

 

当たり前は有り難い

2017/6/1

今日で6月。今から梅雨、夏と嫌な季節が続きます、今年の夏は たいぎゃな暑かごた。

木村のあられ通販、山口です。

 

 

今日のお昼に撮りました。田舎の田植え前には良く見る風景です。田んぼに水を入れ、耕運機で耕す。

良く見る風景ですが、やっと見れた風景でもあります。

 

表題にもありますが、この画像は工場裏の田んぼの画像です。お昼前に、きむらのあられファームの方が

耕運機で田んぼを耕していました。この風景は2年ぶりの風景です。

過去に何度も書きましたが、工場のある甲佐町は熊本地震で甚大な被害を受けました。

工場裏の田んぼも地盤沈下や地割れなどにより、去年は田植えをすることが出来ませんでした。

大量に足りなくなった土を田んぼに入れて、何度も耕してやっと今年の田植えに間に合いました。

私達もそうですが、廻りの農家の方々も大変だったと思います。

 

当たり前に田んぼが使えて、当たり前に田植えが出来る、当たり前だけど有り難い事なんですね。

特に今年の工場裏のもち米の成長はしっかり観察していきたいと思います。